東京国家戦略特区で新たな再開発プロジェクト始動?!

5月10日に開かれた東京圏国家戦略特別区域会議で、日本橋川沿いの3地区と八重洲エリアの1地区の都市再生プロジェクトが都市計画法の特例対象として追加提案され、17~18年度の都市計画決定に向け、具体的に進める見通しのようです。

日本橋川沿いでは以下のエリアが対象となります。
・「八重洲一丁目北地区」
・「日本橋一丁目中地区」
・「日本橋一丁目東地区」
八重洲エリアでは以下のエリアが対象となります。
・「八重洲二丁目南地区」

日本橋川沿い3地区は、東京国際金融センター構想に沿って、ビジネス拠点に相応しい、各種機能を装備する再開発となる見込みです。

また、八重洲エリアでは、八重洲富士屋ホテル跡地を中心とした開発プロジェクトが計画されています。
 これにより、東京駅周辺の国家戦略特区特例対象は計11プロジェクトとなりました。巨大プロジェクトの進行で、東京駅周辺がどのように変わっていくのか注目です。

[button size=large style=less_round color=red align=none url=https://kensetsu-gate.com/lp]建設業界の事をもっと詳しく![/button]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」