2級建築施工管理技術検定 その5
令和3年度前期第一次検定試験問題の攻略

2級建築施工管理技士補合格講座

「2級建築施工管理技術検定 令和3年度前期第一次検定試験問題の攻略」

ここからは、「2級建築施工管理技術検定 令和3年度前期第一次検定試験問題の攻略」です。

全50問を順次公開していきます。
2級建築施工管理技術検定の概要についてはこちらに説明がありますのでご参照ください。
2級建築施工管理技術検定令和元年度後期学科試験問題の攻略

ひとつの記述に対して、その内容が「適当」か「不適当」かで回答してください。したがって、実際の試験問題の形式とは少し異なりますが、試験問題攻略の一助になるはずです。

さて、読者の皆様、国家資格の「2級建築施工管理技士補」の資格取得につながる次の問題にチャレンジしてみましょう。

次の問題の記述が、【適当】か【不適当】か、を答えなさい。

【第1問】湿度及び結露に関する記述

絶対湿度が100%になる温度を露点温度という。

不適当

解説:

相対湿度が100%になる温度を露点温度(結露する温度)という。

 

湿度の表し方には、【相対湿度】と【絶対湿度】の二つがある。
相対湿度[%]=湿り空気の水蒸気分圧/飽和湿り空気の水蒸気分圧
他方、絶対湿度は乾き空気1㎏を含む湿り空気の水蒸気の質量のことで、気温や気圧の影響をほとんど受けません。単位は㎏/㎏で表す。


【第2問】照明に関する記述

色温度は、絶対温度で示し、単位はlm(ルーメン)である。

不適当

解説:

色温度とは、太陽光や自然光、人工的な照明などの光源が発する光の色を表すための尺度のことで、絶対温度で示し、単位はK(ケルビン)である。光源(照明器具など光を発する源)の温度や明るさとは関係ない。

 

色温度の単位(K)が低いほど暖色系の色(赤・オレンジ・黄色)を発し、高いほど寒色系の色(白・青)を発する。

 

尚、lm(ルーメン)は、光束を表す単位である。光束とは、視感度に基づいて測定された単位時間あたりの光のエネルギー量のことである。


【第3問】色に関する記述

一般に同じ色でもその面積が小さいほど、明るさや鮮やかさが増して見える。

不適当

解説:

一般に同じ色でもその面積が大きいほど、明るさや鮮やかさが増して見える。


【第4問】木造在来軸組構法に関する記述

筋かいを入れた構造耐力上必要な軸組の長さは、各階の床面積が同じ場合、2階の方が1階より大きな値となる。


この画像では1階、2階ともに床面積と軸組の長さは同じ

不適当

解説:

筋かいを入れた構造耐力上必要な軸組(柱・梁・桁・筋かいなど)から構成されている)の長さの合計は、各階の床面積が同じ場合、1階の方が2階より大きな値となる。何故なら、1階の方が2階に比して鉛直荷重が大きく、そのため地震力つまり水平力が大きくなるためである。

 

 

☆以上の知識で試験対策は十分です。以下は、興味のある方のみお読み下さい。
建築基準法施行令第46条第4項において、すべての水平力(地震力など)に対して安全であるために必要な軸組長さを算出するための係数を定めている。
この係数を各階の床面積に乗じて、各階の必要軸組長さを算出することができる。
例えば、2階建で屋根の重さが一般的な建物におけるその係数は、1階:33、2階:21 となっている。この場合、1階の軸組長さは2階の5割増しとなる。


【第5問】鉄筋コンクリート構造に関する記述

コンクリートの設計基準強度が高くなると、鉄筋とコンクリートの許容付着応力度は低くなる。

不適当

解説:

コンクリートの設計基準強度が高くなると、鉄筋とコンクリートの許容付着応力度は高くなる。

鉄筋とコンクリートがしっかり接着となっていれば応力度は高いことになります。


*************************************************************************

2級建築施工管理技術検定 その5 第06問~第10問

*************************************************************************

【第6問】鉄骨構造の接合に関する記述

隅肉溶接は、母材の端部を切り欠いて開先をとり、そこに溶着金属を盛り込んで溶接継目を形づくるものである。

不適当

解説:

隅肉溶接は、開先(V字形の切り欠き)をとらずに、母材と母材が接する隅部に三角形の断面形状に溶着金属をつける溶接法である。


隅肉溶接


【第7問】地盤及び基礎構造に関する記述

沖積層は、洪積層に比べ建築物の支持地盤として適している。

不適当

解説:

洪積層の方が沖積層より古い地層である。したがって、洪積層の方が、沖積層よりも建築物の支持地盤として適している。

 

☆ヒント:どちらの地層が古いか忘れないように、高校生(洪積層)は中学生(沖積層)より年を取っている(古い)、と覚えると良い。


【第8問】部材の応力度の算定とそれに用いる係数の組合せに関する記述

引張応力度 ----- 断面二次半径

不適当

解説:

引張応力度 ----- 断面積

 

引張応力度は、(引張力)÷(部材の断面積)で、その単位は、kN/cm2 などと表す。


【第9問】単純梁にモーメント荷重が作用したときの応力に関する記述

図に示す単純梁ABにおいて、点Cにモーメント荷重Mが作用したとき、点Dに生じるせん断力と曲げモーメントの値の大きさを求めなさい。

せん断力 1kN 、 曲げモーメント 2kN・m

解説:

点Bの下向きの反力をVBと仮定する。
単純梁の両端の曲げモーメントはゼロであるから、A点の曲げモーメントがゼロとして方程式を立てる。尚、曲げモーメントは時計回りを正として表す。
0 = -6kN・m + 6VB
-6VB = -6kN
VB = 1kN

 

したがって、B点には、下向きの反力1kNが作用する。
したがって、D点のせん断力は1kN、曲げモーメント 1kN×2m= 2kN・m となる。


【第10問】曲げモーメント図に関する記述

図に示す片持梁ABにおいて、点Aに集中荷重P及び点Cに集中荷重3Pが同時に作用したときの曲げモーメント図として、正しいものはどれか。
ただし、曲げモーメント図は、材の引張側に描くものとする。


解説:

点Aの曲げモーメントは、ゼロ。点Aから点Cまで材の下側で直線的に曲げモーメントが増大し、点Cでは材の下が引張側となり、曲げモーメント=Pℓ/2。

 

点Cから逆向きの力が作用するため、点Bに向かって直線的に曲げモーメントは減少し、点Bでは材の上が引張側となり、曲げモーメント= Pℓ-3Pℓ/2 = -Pℓ/2。
したがって、2.の曲げモーメント図になる。


 

*************************************************************************

2級建築施工管理技術検定 その5 第11問~第15問

*************************************************************************

【第11問】コンクリートに関する一般的な記述

水セメント比が大きいほど、コンクリートの圧縮強度は大きくなる。

不適当

解説:

水セメント比は、W/C(W÷C 水とセメントの重量比)である。
Wは水water、Cはセメントcement。

したがって、水セメント比が大きいほど、水が多くセメントが少なくなるから、コンクリートの圧縮強度は小さくなる。


【第12問】日本産業規格(JIS)に規定するセラミックタイルに関する記述

裏連結ユニットタイルの裏連結材には、施工時に剥がすタイプと剥がさないタイプがある。


外壁の裏連結ユニットタイル(イメージ)

不適当

解説:

裏連結ユニットタイルは、複数のタイルのタイル裏面や側面を裏連結材(ネットなど)で連結しユニット化したもので、裏連結材は、施工時にそのまま埋め込む。


タイル裏側の裏連結材(イメージ)


【第13問】シーリング材に関する記述

シリコーン系シーリング材は、耐候性、耐久性に劣る。

不適当

解説:

シリコーン系シーリング材は、耐候性、耐久性に優れている。
耐候性、耐久性に優れているので、外部建具のガラス回りシーリングにも用いられる。


【第14問】内装材料に関する一般的な記述

強化せっこうボードは、芯のせっこうに油脂をしみ込ませ、強度を向上させたものである。


強化石膏ボード(天井石膏ボード イメージ)

不適当

解説:

強化せっこうボードは、芯のせっこうに無機質繊維を混入して、強度を向上させたものである。

参考に、各種ボードの特徴を次に記す。


【第15問】アスファルト舗装に関する記述

プライムコートは、路床の仕上り面を保護し、路床と路盤との接着性を向上させる役割を持っている。

不適当

解説:

プライムコートは、路盤の上に塗布する。

アスファルト舗装工事におけるプライムコートは、路盤の仕上げ後に散布し、アスファルト混合物層とのなじみを良くするなどの働きがある。
タックコートは、基層への表層の接着性を良くする。


 

*************************************************************************

2級建築施工管理技術検定 その5 第16問~第20問

*************************************************************************

【第16問】建築物の電気設備とそれに関する用語の組合せに関する記述

建築物の電気設備とそれに関する用語の組合せとして、最も関係の少ないものはどれか。

 

 1.電力設備 ——— 同軸ケーブル
 2.照明設備 ——— コードペンダント
 3.電話設備 ——— PBX
 4.情報通信設備 — LAN

1

解説:

同軸ケーブルは、テレビとアンテナなどとの接続に用いられるケーブルで、通信・情報設備であって、電力設備ではない。


コードペンダントとは、電源コードで天井から吊り下げる照明器具である。
PBXとは Private Branch eXchanger の略で、電話回線の構内交換機のことである。内線同士をつないだり、外線から内線への転送をしたり、内線から外線への接続をしたりする。


【第17問】給排水設備に関する記述

水道直結直圧方式は、水圧が大きすぎるため、2階建住宅の給水には採用できない。

不適当

解説:

水道直結直圧方式は、水道本管の圧力のみで直接各水栓に給水する方式で、一般に、2階建住宅の給水などに採用される。


【第18問】埋戻しに関する記述

埋戻し土に用いる砂質土は、粒度試験を行い均等係数が小さいものを使用した。


埋戻しのイメージ

不適当

解説:

埋戻し土に用いる砂質土は、均等係数が大きいものを使用する。均等係数が大きいものほど、色々な粒径が混じっていることを意味し、締固めると強固になる。均等係数が小さいものは、粒径が揃っていることを意味し、締固めしにくい。


【第19問】鉄筋のかぶり厚さに関する記述

屋内の耐力壁は、耐久性上有効な仕上げがある場合とない場合では、最小かぶり厚さが異なる。

不適当

解説:

屋内の耐力壁は、耐久性上有効な仕上げがある、ないに関わらず、最小かぶり厚さは、40mmである。

鉄筋のかぶり厚さの具体的数値は、特記仕様書によるが、一般に、以下の通りである。

土に接しない部分 屋内の屋根スラブ・床スラブ・非耐力壁30mm
屋外の屋根スラブ・床スラブ・非耐力壁40mm
 (耐久性上有効な仕上げがあれば30mm)
屋内の柱・梁・耐力壁40mm
屋外の柱・梁・耐力壁50mm
 (耐久性上有効な仕上げがあれば40mm)
擁壁50mm。
土に接する部分 柱・梁・床スラブ・耐力壁50mm
基礎・擁壁70mm

 


【第20問】鉄骨製作工場における錆止め塗装に関する記述

素地調整を行った鉄鋼面は、素地が落ち着くまで数日あけて錆止め塗装を行った。


素地調整を行ったあとのイメージ

不適当

解説:

素地調整(鉄鋼面の錆や油類などの除去)を行った鉄鋼面は、すぐに錆止め塗装を行う。

 

すぐに錆止め塗装をする理由は、再び汚れが付くと錆止め塗装の効果が落ちるためである。


 

*************************************************************************

2級建築施工管理技術検定 その5 第21問~第25問

*************************************************************************

【第21問】在来軸組構法における木工事に関する記述

束立て床組の大引の継手は、床束心で腰掛けあり継ぎとし、釘打ちとした。


在来軸組構法のイメージ

不適当

解説:

大引の継手は、床束心から150mm程度持ち出し、腰掛けあり継ぎとし、釘打ちとする。


【第22問】木造2階建住宅の解体工事に関する記述

蛍光ランプは、窓ガラスと共に専用のコンテナ容器内で破砕して、ガラス類として処分した。

不適当

解説:

蛍光ランプは、窓ガラスと分別しなければならない。蛍光灯の中には微量ではあるものの有害物質である水銀が含まれおり、廃棄の際には適正な処分が義務付けられている。事業者が蛍光灯の処理を委託する業者は「水銀使用製品産業廃棄物」の収集運搬又は処分の許可を(都道府県から)受けた者でなければならない。


【第23問】アスファルト防水工事に関する記述

平場部のストレッチルーフィングの流し張りは、ルーフィングの両端からアスファルトがはみ出さないように押し付けながら張り付けた。

不適当

解説:

平場部のストレッチルーフィングの流し張りは、ルーフィングの両端からアスファルトがはみ出るように押し付けながら張り付ける。


【第24問】 外壁の張り石工事において、湿式工法と比較した場合の乾式工法の特徴に関する記述

地震時の躯体の挙動に追従しにくい。

不適当

解説:

乾式工法は、地震時の躯体の挙動に追従する。
乾式工法は、石材を1枚ごとにファスナーで保持する工法で、躯体と石材間での自重、地震力、風圧力等の伝達はファスナーを介してなされる。従来の湿式工法と比べて次の特徴がある。

 

乾式工法の利点
 1.躯体の変形の影響を受けにくい。
 2.白華現象、凍結による被害を受けにくい。
 3.工程、工期短縮が図れる。

 

乾式工法の注意点
 1.風圧、衝撃で損傷した場合、脱落に直結する。
 2.物性値(曲げ、仕上部耐力、ばらつき)の把握が重要である。

 

乾式工法の利点である、「躯体の変形の影響を受けにくい」を問題文に当てはめると、「地震時の躯体の挙動に追従しにくい」は誤りで、「地震時の躯体の挙動に追従する」が正しい。

 

湿式工法:金属とモルタルで固定する。(屋内で用いられる工法)石材の厚さは一般に25mm

湿式工法

 

乾式工法:金属のみで固定する。モルタルを使用しないため、雨水によるエフロが発生しない。

乾式工法


【第25問】アルミニウム合金の表面処理に関する記述

硫黄を用いた硫化処理を行い、褐色に発色させる

アルミニウム合金のイメージ

不適当

解説:

アルミニウム合金には硫化処理は行わない。アルミニウム及びアルミニウム合金の表面処理は、陽極酸化皮膜(無着色・着色)、又は陽極酸化塗装複合皮膜、あるいは化成皮膜の上に焼付け塗装がある。


 

*************************************************************************

2級建築施工管理技術検定 その5 第26問~第30問

*************************************************************************

【第26問】鋼製建具に関する記述

外部に面する両面フラッシュ戸の見込み部は、上下を除いた左右2方のみ、表面板で包んだ。

不適当

解説:

外部に面する両面フラッシュ戸の見込み部(四方の厚さの部分)は、下部を除いた3方を表面板で包む。見込み部を包み込むと、戸の内部に雨水が侵入しない。
内部に面する両面フラッシュ戸の見込み部は、上下を除いた左右2方のみ、表面板で包む。


【第27問】塗装工事における素地ごしらえに関する記述

モルタル面の吸込み止めは、パテかいを行った後に、シーラーを全面に塗り付けた。


シーラー塗り(イメージ)

不適当

解説:

モルタル面の吸込み止めは、パテかいの前に、シーラーを全面に塗り付ける。


【第28問】カーテン工事に関する記述

レースカーテンの上端の縁加工は、カーテン心地を入れないで袋縫いとした。

不適当

解説:

レースカーテンの上端の縁加工は、カーテン芯地(しんじ)を入れて袋縫いとする。尚、カーテン芯地とは、帯状の補強繊維であり、レースカーテンは薄地のため、力のかかるフックの取り付く上端には必要なものである。


【第29問】事前調査に関する記述

防護棚の設置に当たり、敷地地盤の高低及び地中埋設配管の調査を行った。

不適当

解説:

防護棚は、飛来落下事故防止のために外部足場に取り付ける仮設物である。敷地地盤の高低及び地中埋設配管とは関係ない。


【第30問】仮設計画に関する記述

仮囲いを設けなければならないため、その高さは周辺の地盤面から1.5mとすることとした。

不適当

解説:

仮囲いの高さは周辺の地盤面から1.8m以上としなければならない。


 

*************************************************************************

2級建築施工管理技術検定 その5 第31問~第35問

*************************************************************************

【第31問】建築工事に係る申請や届出等に関する記述

延べ面積が20m2の建築物を建築するため、建築工事届を市町村長宛に届け出た。

不適当

解説:

延べ面積が10m2を超える建築物を建築するときは、建築工事届を都道府県知事(建築主事を経由して)に届け出る。

 

建築工事届の項目 参考【宮城県HP】
https://www.pref.miyagi.jp/documents/14435/45562.pdf

 


【第32問】工程計画及び工程管理に関する記述

各作業の所要期間は、作業の施工数量に投入数量と1日当たりの施工能力を乗じて求める。

不適当

解説:

各作業の所要期間は、作業の施工数量を投入数量(職人の数)と1日当たりの施工能力を乗じた値で除して求める。

 

所要期間の算出例

 

計算式条件
型枠 100m2
型枠工の投入数量 2人
型枠工の1日当たりの施工能力(一般に歩掛(ぶがかり)という) 10m2 /人日


所要期間(所要日数)を求める計算式
100m2÷(2人×10m2 /人日) = 5日


【第33問】バーチャート工程表に関する記述

各作業ごとの日程及び工事全体の工程計画が、比較的容易に作成できる工程表である。

適当

解説:

問題文の通り。次は、バーチャート工程表の例。


【第34問】品質管理の用語に関する記述

SMWは、品質管理の用語である。

不適当

解説:

SMWは、ソイルセメント柱列壁で山留壁のひとつである。オーガー(きり)を回転させてセメントミルク(セメント+水)と土を攪拌し、オーガーを引き抜いてから、速やかに芯材(H鋼)を挿入し、山留壁を構築する。


【第35問】品質管理のための試験及び検査に関する記述

鉄骨工事において、高力ボルト接合部の締付けの検査のため、超音波探傷試験を行った。

不適当

解説:

超音波探傷試験は、溶接部やガス圧接部の内部の欠陥の有無を調べる試験である。


ブローホール(溶接内部に空隙を生じた欠陥)


 

ここまで、頑張って学んで下さった皆様は、次の公式サイト(一般財団法人 建設業振興基金)で公開されている直近の2級建築施工管理技術検定第一次検定問題にチャレンジしてみましょう。

50問中40問答えて、60%以上の正答で合格となり、2級建築施工管理技士補の国家資格取得となります。
https://www.fcip-shiken.jp/about/kako.html

今後も、毎回5問づつの問題と解説を月2回程度で、新たに公開していきます。

 お楽しみに!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」