国宝 金剛山正福寺地蔵堂

東京には、国宝建築が2つあります。
ひとつが「迎賓館赤坂離宮」、もうひとつが今回紹介する「金剛山正福寺地蔵堂」です。

「金剛山正福寺地蔵堂」には、東村山駅から歩いて、およそ15分で到着します。
訪れる人は少ないようです。
境内に入ると、眼前に大きく張り出した屋根が現れます。

反りの強い柿葺き(こけらぶき)の入り母屋屋根(いりもややね)に、直線性の鋭い銅板葺きの裳階屋根(もこしやね)です。

このような建築物が現在まで維持されるのは日本の伝統的な建築・修理の技術があるからです。
木・草・土などの自然素材を生かす知恵、周期的な保存修理を見据えた材料の採取や再利用、部材の調和や一体化など、建築遺産とともに古代から伝統を受け継ぎ、工夫を重ねて発展してきた伝統建築技術は、”伝統建築工匠の技”としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

参考サイト
https://bunka.nii.ac.jp/special_content/ilink4

 

用語
柿葺き 薄く短い木の板を重ねて葺く工法
入り母屋屋根 切り妻造りの妻側の三角形の壁面を残し、下に庇を葺き降ろした形の屋根
裳階屋根 軒下壁面に付いた庇状屋根

 

【金剛山正福寺地蔵堂(1407年建立)】

 

【斜めより見る】

 

【斗栱付近】

 

近寄って見上げると、尾垂木を用いた見事な斗栱です。
尾垂木とは軒下に斜めに出ている木材で、軒先を支えています。
この斗栱によって、木造建築の屋根を深く持ち出すことが出来ます。
そして、外壁を雨から守ります。

【正面から見た軒下】

 

和様では柱の上にのみ斗栱を配しますが、禅宗様では柱と柱の間にも斗栱を配置します。
飛鳥・奈良時代に伝来し、平安時代に日本人が改良したのが和様です。

栄西・道元によって伝えられたのが禅宗であり、禅宗はまた、北宋の文化、建築様式をも伴ってきました。禅宗様は、鎌倉時代初期に伝わった様式です。

この「金剛山正福寺地蔵堂」は、柱と柱の間にも更に二つの斗栱が組まれているので、禅宗様建築であることが解ります。

【正面左半分を見る】

 

中央柱間の扉(写真右側)は、やや太い框戸に薄い一枚板を嵌め込んでいます。
これを桟唐戸(さんからど)といいます。

その左横には、アーチ形の装飾をした桟唐戸を入れています。
その左にある同様な装飾が施された窓を火燈窓といいます。

これらの上部の欄間は、採光のために波形の縦子を入れています。
これを弓欄間(ゆみらんま)といいます。これも、禅宗様建築の特徴です。

 


 

参考:迎賓館赤坂離宮(東京にあるもうひとつの国宝建築)

【主庭】から撮影

 

 

静かにたたずむ国宝建築「金剛山正福寺地蔵堂」を紹介しました。

<弘>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」