建設クイズ「五重塔に関するクイズ」

現在、日本には各地に80を超える五重塔がある。
そのうち明治維新以前に屋外に建てられ、現在残っているものが22塔ある。この22塔の五重塔は、すべて国宝か国の重要文化財に指定されている。
今回はこの五重塔に関するクイズです。

 

【第1問】最も古い五重塔はどこでしょうか?


 

【第2問】最も高い五重塔はどこでしょうか?


 

【第3問】五重塔は何階建てでしょうか?


 

解答


第1問:法隆寺五重塔
最も古い五重塔は法隆寺五重塔で、建立は8世紀の初め以前(710年以前)の飛鳥時代であり、国宝に指定されている。
五重塔は、火災や落雷で焼失・倒壊した記録はあるが、地震で倒壊した記録はない。

欧米とは違い度々大きな地震に見舞われる地震国である我が国で、数百年・千年を超えて倒れない木造の塔の存在は驚異的である。

五重塔の真ん中には心柱(しんばしら)が上から下まで一本通っているが、これは周りの構造物を全く支えていない。

心柱の中には、吊り下げ懸垂式で宙に浮いているものもある。

五重塔が地震で倒壊しない理由は解明されていないが、地震時に初層が右に傾けば、2層は左に傾き、3層は右に傾き、と互い違いに波を打つように動き、その動きが大きくなりすぎると、心柱が各層に接して閂(かんぬき)の役割をして、動きを制御するためとも言われている。

 


第2問:京都市東寺(教王護国寺)五重塔
最も高い五重塔は京都市東寺(教王護国寺)五重塔で高さは54.8メートル、
建立は1644年(再建)で、こちらも国宝に指定されている。

京都市東寺(教王護国寺)五重塔

 


第3問:1階建て平屋
五重塔は、外から見ると5階建てに見えるが、1階部分以外には床がない。
したがって、1階建て平屋である。また、上に上がるための階段もない。

今回の建設クイズはいかがでしたか?日本の五重塔も奥が深いですね。

<弘>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」