八幡橋

八幡橋を南側から見る

 

の中には、何の変哲もない、一見古そうなだけで、豪華でもなく、巨大でもなく、何も知らなければ見過ごしている、あるいは、ただ時々利用しているだけの建造物が、実は、建設当時の技術の粋を結集した歴史的技術的価値のある建造物であったりすることがある。
今回は、そんな橋の話である。

東京都江東区富岡にある八幡橋(はちまんばし)は、東京市*で最初に架けられた鉄橋である。
長さ15.2m、幅2m単径間アーチ橋の形式である。

アーチは鋳鉄製*(ちゅうてつせい)で5本の直材をつなぎ、その他の引張材(ひっぱりざい)は錬鉄製*(れんてつせい)の鋳錬混合の橋である。
もとは、京橋区(中央区)の楓(もみじ)川に架けられていたものである。

西側から見る

 

この橋は明治11年(1878)、東京府の依頼により工部省赤羽製作所*で製造された。わが国において、最初に日本製の鉄を使って造られた鉄橋である。

はじめは弾正橋と称していたが、大正2年(1913)の市区改正により新しい弾正橋が架けられたため、元弾正橋と改称された。さらに関東大震災後の帝都復興計画により廃橋となり、昭和4年(1929)現在地に移設された。

富岡八幡宮*の東隣であるため、名称も八幡橋と改められた。

菊の紋章

 

現存する鉄橋としては最古に属するものであり、また菊の紋章のある橋としても有名である。

鋳鉄橋から錬鉄橋に至る過渡期の鉄橋として、近代橋梁(きょうりょう)史上貴重なものであるとともに、独特な構造手法(ウイップル形トラス*・米国人スクワイアー・ウイップル氏の特許が基本となっている)を用いて架構してあり、技術史の上でも価値の高い橋である。

八幡橋は、昭和52年(1977)、国の重要文化財(建造物)に指定されている。ウイップル形トラス橋の名誉と日本の歴史的土木建造物「八幡橋」の優れた製作技術に対して、平成元年(1989)米国土木学会より「土木学会栄誉賞*」が贈られた。

橋の下部に設置されている八幡橋の歴史を記したレリーフ*

 

八幡橋に関する本文の情報は全て現地の説明板に依ります。

<弘>

用語
東京市 東京府(現東京都)東部に明治22年から昭和18年まで存在していた市
鋳鉄製 鉄を使った鋳物製品全般。
錬鉄製 鋼鉄の大量生産手段の発明以前に、古典的な製鉄方法で製造されていた鉄。
工部省赤羽製作所 工部省は、明治政府のときの官庁の1つ。赤羽製作所は東京・芝赤羽に開設された機械製作工場。
富岡八幡宮 東京都江東区富岡にある八幡神社。
トラス 構造形式の一つ。三角形を基本単位としてその集合体で構成する構造形式。
土木学会栄誉賞 土木学会は日本の工学系学会で、栄誉賞は創設された賞。
レリーフ 建築物の外装などに使われる浮き彫り細工で美術の技法。

 

八幡橋の地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」