【建設女子 vol.32】大型商業施設内の改修工事現場で働いています

2019年に入社して4月で1年を迎える新入社員の横山です!
今回は私の仕事をご紹介します。

私は入社研修後大手ゼネコン会社に配属され、現在大型商業施設内の改修工事をしている現場で働いています。
この現場では、1度にいろいろな工事が同じタイミングで進みます。なので新人でも現場の管理を一人で任せてもらえており、とても責任感がありやりがいを感じます。

現場では主に以下の3つのことをやっています!
 ①打ち合わせ・スケジュール調整
 ②現場写真
 ③書類作成

1つ目に打ち合わせやスケジュール調整
お客様には、どういったご要望やお悩みがあって工事することになったのか?
業者さんには、お客様のご要望をかなえてあげられる職人さんたちが何人必要で工事のどの段階の時に来てほしいのか?しっかりヒアリングし、打ち合わせ・スケジュール調整を行います。

2つ目に現場写真
工事は1日ではなかなか終わりません。
なので工事前、工事中、工事後といった経過の写真を撮影したり、例えばクレーン車を使うことがあれば設置前と設置後の状況、日にち別での撮影等工事を行うにあたっての状況報告という意味でも現場写真を撮影します。

3つ目に書類作成
現場管理は書類作成・提出がとても重要です。
工事前にも提出しなければならない書類はありますし、クレーン車や重機を使ったり、警備員を配置する際は警察署に届け出なければなりません。
2つ目でお話した現場写真の報告書類も作成が必要です。市の所有物・市の絡む建物だったらもっと書類が増えます。品質管理についての書類だってあります。

同時に沢山の人々が使う商業施設だからこそ、耐震性だって大事ですね。

建設業界は女性が少ない業界だと思ってるかもしれないですが、実は近年増えてきてます!是非一緒に働きませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」