建設クイズ オーダー

代ギリシャやローマ建築を受け継ぐルネッサンス(再生)・バロック建築では、丸い柱を中心とした上下の構成(上部のコーニス等を含む)をオーダーと言う。

オーダーには、5種類ある。
トスカナ式、ドリス式、イオニア式、コリント式、コンポジット式である。

このうち、古代ギリシャから受け継がれたドリス式、イオニア式、コリント式は日本でも多く見ることが出来る。この3様式の主な違いは、円柱下部の直径と高さの比(ドリス式が太い)と柱頭の装飾である。

街歩きをしていて、その建物がどの様式かと思ったら、そのときは、柱頭の装飾の違いでどの様式かを判断するのが一番解り易い。

下にその柱頭の装飾の写真と様式名を記した。

この写真の柱頭の装飾を覚えると、代表的な建築が、どの様式かが解る。

例えば、東京では、上野の国立博物館の表慶館・東京駅・三井本館・日本銀行・明治生命館・法務省旧本館・迎賓館などの重要文化財や国宝を含む歴史的な建物が、ドリス式か、イオニア式か、コリント式かを考えながら街歩きすることもまた建物を観る新たな視点である。

さて、建設クイズです。
【第1問】次の写真は、皇居前にある明治生命館(重要文化財)です。このオーダーは何でしょう?

明治生命館(重要文化財)は、内部も一般に公開されている。下の写真は、2階会議室である。日本が戦争に負け、GHQの占領下におかれたとき、マッカーサー総司令官もこの会議室を使ったという。

 


 

【第2問】次の写真は、国立博物館にある表慶館です。このオーダーは何でしょう?

 


 

【第3問】次の写真は、迎賓館(赤坂離宮・国宝)です。神社仏閣など歴史の古い建築物には多くの国宝がありますが、近代建築における国宝は、この迎賓館と富岡製糸場(世界遺産)と旧開智学校の3つだけです。この迎賓館のオーダーは何でしょう?

 


 

答え
【第1問】コリント式
【第2問】イオニア式
【第3問】イオニア式

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」