建築クイズ(8)「テラスハウス」の定義とは?

【問題】6人の男女の共同生活をカメラで追い続けたフジテレビの人気深夜番組『テラスハウス』が、若い視聴者の間で評判を呼んでいますね。
ところで、建築用語でテラスハウスがどのような建物を定義しているか、あなたはご存知でしょうか。
建築の世界におけるテラスハウスの定義とは、次のうちどれでしょう?
A:複数の建物が連なって建築され、独立したテラスや庭が各戸にある。
B:複数の建物が連なって建築され、庭などの敷地は全員で共有する。
C:一つの住宅に複数の他人が共同で生活する状態。

【こたえ】A「複数の建物が連なって建築され、独立したテラスや庭が各戸にある」でした!
建築業界でテラスハウスとは、2階建ての連棟式住宅のことを指します。各戸がテラスと庭を持つことからこの名が付きました。
一戸建て住宅の一種として分類されますが、隣家とは共用の壁で連続しており、「連棟建て」「長屋建て」とも呼ばれます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」