【建設女子 vol.07】大事業と大きな夢

東京オリンピックの開催が正式に決定して、現在都心部では競技場や施設の建設準備という大事業が急ピッチで進みつつあります。
これからオリンピックイヤーの2020年まで、建築に携わる各企業が熱い注目を浴び続けるのは間違いないところ。そして熱い視線を向けるのは、新入社員として建築の道に進んだ建設女子一年生の鈴木彩加さんも同じです。
彩加さんは大学卒業とともに建設業界に進んでまだ数週間というピカピカの新人ですが、彼女がこの仕事を選んだ理由が、まさしくそれでした。
「東京オリンピックに携わる仕事がしたかった」という希望が見事に叶って、現在は夢いっぱいの道を一歩一歩進んでいる毎日です。
今まで建設業界とは全く無縁な日々だったため、いっぱい覚えることがあるのは大変といえば大変ですが、10年後の目標を「人の上に立ち、頼られる人間になりたい」と語る彩加さんの夢は、オリンピックの建設事業同様、とてもビッグなのでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」