巨大プロジェクト(8)渋谷再開発プロジェクト

2012年、渋谷駅東口の東急文化会館跡地に複合商業施設「渋谷ヒカリエ」が開業しました。東横線と東京メトロ副都心線が相互乗り入れを開始し、それまで地上にあった東横線渋谷駅が地下に移ったことが話題になりました。
しかしこれは、渋谷で進行している大規模再開発計画のほんの序章なのです。
現在、渋谷駅周辺では4つの開発プロジェクトが進行しています。
その中核が「渋谷駅街区」の開発計画。渋谷駅の真上に新ランドマークとなる複合商業施設を建設する計画で、東棟・中央棟・西棟で構成されます。
今年7月から東棟の工事がスタートし、2020年らは開業予定。2027年に中央棟と西棟が続く予定です。
その他、渋谷川を再生する「渋谷駅南街区」、2015年に閉館する東急プラザ渋谷を再建築する「道玄坂一丁目駅前地区」、駅南西部の住宅都市基盤を整える「渋谷駅桜丘口地区」などの開発計画が進められています。
今後「若者の街・渋谷」の変身ぶりには要注目ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」