【建設女子 vol.04】やりがいとチャレンジ精神

橋本夕里子さんは家電販売の受付の仕事から大手建設会社に転職して約10ヶ月。現在は工事部の施工管理補助として、作業スタッフを見守る仕事をしています。

「一緒に働くメンバーたちはみんな仕事に真面目で、モチベーションの高い人ばかり」と語る夕里子さん。お互いに絆を深め、切磋琢磨の日々です。

その仕事仲間たちと一緒に作った建物が完成していく様子を間近で見られることが、今の何よりのやりがいだそうです。

 



 

同じ工事部の施工管理補助に約11ヶ月前に入社した橋本夕里子さんの前職は、インテリアアドバイザーでした。元々ものづくりが好きで、大学でも造形学部を専攻していた彼女は、前職時代に内装工事中の建築現場で知り合った施工管理者との出会いが、現職を選ぶきっかけとなりました。


「この道のスペシャリストになりたい。ずっと仕事が続けられるように、資格にもチャレンジして頼られる人材になりたい」と抱負を語る夕里子さんです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」