微生物がコンクリートを勝手に修復!?

造物の長寿命化で注目度が高まっている、コンクリートの自己治癒修復性能。
オランダ発の微生物を使ったコンクリート技術が日本に上陸し、話題となっています。

コンクリートと微生物を融合させて、ひび割れの自己修復を可能にした革新的な材料なんです。

微生物と栄養を砂サイズの粒子にして、コンクリートの中にその粒子をいれます。
これで生物の反応を利用した自己治癒コンクリートができるんです。

コンクリートにひび割れが生じて水が浸入すると、微生物が活性化し、
ひび割れを埋める炭酸カルシウムを生成するようになるのです。

こうした自己治癒修復する技術は、今後に作られるコンクリート構造物に応用ももちろん、
コンクリート・インフラの老朽化が進んでいる日本を含めた先進諸国では、
すでにあるものへのメンテナンスや補修、劣化を止める技術として用いられています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」