学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の割合って?

.学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の割合って?
※うち低層(3階建て以下)の公共建築物を除く。

A)3.3%

B)11.7%

C)36.5%

D)49.2%

 

正解)B

解説)

※公共建築物:国および地方公共団体が建築する全ての建築物並びに民間事業者が建築する教育施設、医療・福祉施設等の建築物の事。

※木造:建築基準法第2条第5号の主要構造部(壁、柱、床、梁、屋根又は階段)に木材を利用したもの。

※「木造」の割合=木造率
平成22年に木材の利用を促進し、木材全体の需要を拡大することを目的とする「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が施行され、毎年林野庁サイトにて発表されている。床面積をベースとして試算。

温もりのある木材が使われている建築物が増えていくといいですね♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」