建設クイズ 日本で一番古い木造建築の建物は??

.日本で一番古い木造建築の建物は??

今も使われている建材(木)で最古なのはどれか?

A)法隆寺の五重塔

B)東大寺大仏殿

C)大館樹海ドーム

D)姫路城天守閣

 

正解)A

解説)法隆寺の五重塔は、605〜607年に建てられました。
塔の中央に使われている心柱の伐採年が590年代(推定)であることから、
世界最古の木造建築物群としてユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

また、現在見ることのできる塔姿は火事で全焼後、680年頃に再建されたものとして伝えられています。
 

B.東大寺大仏殿は758年に完成、2度の焼失後、江戸時代に再建されました。木造軸組建築としては現在でも世界最大です。

C.大館樹海ドームは1997年に完成したドーム球場で、屋根に樹齢60年以上の秋田杉25,000本が使われており、高さや面積では東大寺大仏殿を上回る、国内最大の木造建築とされています。

D.姫路城天守閣は1580年に建てられ、ユネスコの世界遺産リストにも登録されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」