建設クイズ 政府が取り入れている入札方法って?

img_eyecatch_20180119

.政府が談合防止を目的に取り入れている入札方法って?

A)指名競争入札

B)一般競争入札

C)随意契約

D)自由契約

 

 

正解)B

解説)一般競争入札とは、入札資格を取得していれば、基本的には誰もが参加できる入札方式です。可能な限り安い価格での調達を行なうことで税金の無駄をなくすという考えに基づいています。

指名競争入札は、特定の条件により発注者側が指名した者同士で、競争に参加し契約者を決める方式です。日本の官庁調達案件においては一般競争入札を原則とすると規定されていますが、例外的にこの指名競争入札が当てはまるものが以下になります。

  1. 契約の性質又は目的により、競争に加わるべき者が少数で一般競争に参加する必要がない場合。
  2. 工事又は製造の請負、物件の売買その他の契約で、その性質又は目的が一般競争入札に適しない場合。
  3. 不誠実な業者が参加するのを避ける場合や、特殊な案件で検査が著しく困難な場合。

随意契約は、国や地方公共団体などが競争入札によらずに任意で決定した相手と契約を締結すること、及び締結した契約をいう。

自由契約は、当事者が自由にその相手方を選択してできる契約。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」