建設現場の管理者は「小心者」が理想!?

設現場では常に安全性が求められる厳しい職場です。
出来上がった建物に不具合があってはならないのはもちろんですが、工事中にも
一歩間違えば命を落とす危険性があるため、事故を回避して作業を進める必要があります。

その中で作業計画を立案し、作業員に目を配り、現場を取り仕切るのが建設会社の管理者です。

安全性・正確性を厳しく問われる現場にあって、常に心がけて欲しいのは
「小心者であれ」という教えだそうです。

大きなミスは、小さなミスの蓄積によって起こるものです。
ですから、現場の管理者はほんの小さな兆候も見落としてはなりません。
どこかに間違いがないか、絶えず考える注意深さ、繊細さが必要だそうです。

転ばぬ先の杖が、現場では最も大事なことなんですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

日本全国の求人が探せるサイト「A-JOB(エージョブ)」